オーナーパティシエ

洋菓子店をやろうと思ったきっかけは?

ペルショワールのオーナーパティシエ
10年近くパティシエとして働いていて、いざパティシエの職を離れていた時期に、とある店舗の洋菓子店のケーキを食べて思ったのは、私だったらもっとこうするのにや、もっとこうすれば良いのにという事。そして、ふと思い出したのは、以前勤務していた洋菓子店もやはり、無難な洋菓子店すぎたという想いが蘇り、自らの夢でもあった自分のお店を持とうと、強く感じた事がきっかけです。

 

併設のカフェについて

ペルショワールカフェ画像
やはり、ケーキというものの特性上、一度ショーケースから出してしまうと、鮮度そのものは著しく下がっていってしまいます。また、見た目もお持ち帰りの際にもしかしたら多少崩れてしまう場合などもありますよね。
ですので、ペルショワールのカフェは、「洋菓子を最高の状態で、それに合ったベストなお飲み物と一緒に召し上がって頂きたい」そんな想いから、カフェを併設致しました。

 

 

ペルショワールのこだわりは?

ペルショワールのこだわり画像
私は、洋菓子を作る際には、あまり保守的な考えで作るのが好きではないので、トコトンまで、材料や味、見た目にこだわって、万人受けする事よりも、あえてマイノリティーに好まれる様な洋菓子を作っています。毎日食べたいケーキは、きっと今のご時世、コンビニエンスストアでもある程度のものは口にすることが出来ますよね。ですので、ペルショワールのケーキは、いざ特別な時、または特別な人と食べたい。そんな味を常に目指しています。
また、ペルショワールのケーキは特に、大人の為のケーキを目指しておりますので、もしかすると一部のケーキは小さなお子様の口には少々不向きかもしれません(笑)

しかしながら、お店のコンセプトにもある様に、お客様の「心のとまり木」のような空間と、ケーキ、珈琲、紅茶にまでこだわったメニュー作りなどで、大人のための上質な癒される「場所」を提供する事に重きをおいておりますので、ゆったりとした「時間」を味わって頂けだら幸いです。